アイフル増額

総量規制対象外なら消費者金融アイフル!?

はじめてのキャッシングに消費者金融アイフルを選ぶ方が多いですが、アイフルは、総量規制対象外ではありません。
年収の3分の1までという制限があるカードローンになりますので、自分の年収と希望額の関係について注意する必要があります。
もし、年収の3分の1超のお金が必要になっているなら、アイフル以外の総量規制対象外カードローンを選ぶようにしてください。

 

アイフルが総量規制対象となる理由とは?

 

消費者金融のアイフルが総量規制対象となっているのは、貸金業法という法律も影響を受けているからです。
貸金業法は、消費者金融や信販会社などを取り締まるための法律のことですが、この法律に「総量規制」という仕組みがあるからです。
総量規制対象外カードローンを選びたいときは、貸金業法が影響しない、銀行カードローンを選ぶようにします。
銀行は、別の法律による規制を受けていますが、貸金業法とは関係のない業種なので、総量規制の対象外となっています。

 

アイフルで収入証明が必要になるのは?

 

また、アイフルは総量規制対象外でないだけでなく、収入証明が必要になることも多くなります。
貸金業法では、「50万円を超えるお金を貸すとき」と「貸金業者からの融資が100万円を超える融資になるとき」の2つの場合に収入証明書を元に返済能力を調べなければならないとしています。
希望している金額が50万円を超えていると、必ず提出が求められますので、事前に用意しておくようにしてください。

 

総量規制対象外なら気軽に申込める!

 

総量規制対象外の銀行カードローンを選べば、年収の3分の1を超えるお金が借りられます。
さらに、収入証明書の提出要求もゆるくなっていますので、100万円程度までの希望額なら、どの銀行に申込んでも収入証明書不要となります。
200万円〜300万円まで収入証明書なしの銀行もありますので、希望額に応じて総量規制対象外を選んでみてはいかがでしょうか。